2014
12.11

最近の青汁人気の秘密は、生活習慣病予防効果のある成分を、効率よく摂取できることが一つの大きな要因になっています。即席めんや冷凍食品など人工加工食品が多く食卓に上がる量が多くなるにつれて、天然食品である野菜や魚肉関連の栄養豊富な摂取が少なくなってきています。忙しい現代社会にあって、毎日の料理が面倒になりついつい素早く食事の用意ができる、即席食材を使うことが多くなるのは、やむを得ない自然の成り行きと言えるかもしれません。しかし、それでは健康に必要な植物繊維、ビタミン、酵素あるいは鉄分などの栄養素の不足をきたし、生活習慣病を招く可能性があります。


<飲むだけでよい>

明日葉やケール等の天然野菜には、多くの健康に有用な成分が含まれているので、それらの成分を凝縮した青汁は、忙しく働く人にとっては簡単に、かつ効率よく多くの病を防ぐ成分を摂取できる最高の飲み物と言えます。特に、運動不足、ストレスに晒される、あるいは喫煙、飲酒を多く摂る人にとって生活習慣病予防は、日常生活の大きな課題です。


<毎日の摂取で栄養素を補給>

抗酸化物質を沢山含んでいる青汁を毎日摂取する事で、免疫力を高めたり、がん細胞を発症させる元になる活性酸素を除去する効果も期待できます。まだ試していない方は、ぜひ飲んでみて下さい。

2014
08.29

青汁の原料・クマザサ

竹や笹は成長が早いことから、その生命力をお茶やエキスなどで取り入れるという健康法に古くから用いられていました。民間療法的には高血圧や糖尿病に効果があるとされていますが、いまのところ信頼できるデーターはありません。しかし無農薬で生産することも容易であることから、無添加無農薬のクマザサを原料とした青汁はコストパフォーマンスが良いということに定評があります。またクマザサを使って青汁をつくるとクセがなく、粉末であれば抹茶のような味わいがあるとされています。


<クマザサのクロロフィル>

クマザサにはクロロフィルと言われる葉緑素が多く含まれています。クロロフィルには悪玉コレステロールと善玉コレステロールのバランスを整えて、血栓などを抑える効果もあります。腸内環境にも働きかけてくれます。免疫力を上げる役目もあるとして、花粉症やアトピー症状を改善する働きを助けてくれます。体臭や口臭などの予防にも効果があるとされています。


<クマザサのビタミン類>

ビタミンB1やB2、K、Cなどのビタミン類と、カルシウムや鉄分などが多く含まれています。効果的に摂取できるとして青汁は支持されています。食材としては使いにくいものですので、粉末になっているものは青汁として以外の使い道もでき、便利です。

2014
05.30

青汁は健康に対する効果はともかく、味は非常に飲みにくいものです。とくに青汁の代表格であるケールは健康にはいいものの風味を苦手とする人は多くいます。そのためさまざまな製品が用意されており、選択肢は多く用意されています。


<飲む青汁>

コマーシャルなどで定番の粉末状の青汁を水に溶かして飲むものが代表格ですが、液体のジュースタイプのものもあります。また、ジュースタイプを冷凍した製品もあります。飲むときは解凍してそのまま飲みます。粉末のものは喉越しなどがやや飲みやすくされています。栄養ではどれも大きな差はありません。水で戻すフリーズドライのものもあり、戻すとそのまま飲むことができます。これらはどれも青汁の味がするので、苦手としている人にはつらいものがあります。


<その他のタイプ>

錠剤に固めた製品もあります。独特の味や苦味を感じなくて済むので、味が苦手な人にはこれがおすすめです。ただし、栄養はやや他のものに比べると劣るようです。粉末タイプはそのまま水に溶かして飲む以外にも料理やお菓子につかってり、他の飲み物と混ぜて飲みやすくする飲み方があります。粉末タイプは料理にも応用が効くので使い勝手の良さが好まれて広く飲まれています。

2014
04.09

よくテレビの通販サイトなので青汁のことを宣伝している会社などがありますが、本当に健康にいいのだろうか?と悩んでいる方もいるかもしれませんが、青汁は健康にいいですし飲み続けると女性には嬉しい便秘の解消になったりしますので美容効果も期待できます。


<値段も1杯100円以内とリーズナブルなのが多いです>

いくら健康にいいからと言って青汁に1杯200円とか300円ぐらいかかれば続けることはできない!と思っている方もいるかもしれませんが、青汁の粉末タイプは1杯100円以内、大体50円ぐらいで済むところが多いです。

健康に過ごすためには、毎日飲まないといけませんので、リーズナブルな値段が多いですよ。


<朝食がいいの?夜に飲むのはダメなのか?>

特に朝食に飲んだほうがいい、夜に飲んだほうがいいとは決められていません。ただ、朝食の時に飲んだほうが身体の調子を整えてくれたり、便通がよくなったりしますので、朝の方がいいと思います。

ただ人には人の生活リズムなどがありますので、時間がない、夜がいい!という方はもちろん夜に飲むのもありですし、昼食に1杯飲むのもありですよ。

1杯50円であなたの身体を健康にしてくれる青汁。苦いかもしれませんが是非試してみてくださいね。

2014
04.04

青汁をダイエットに利用する人が増加しているそうです。今まで、食欲などのない人や、高齢者が栄養食品として利用することが多かったものですが、現在は痩せる効果がある、美容面に効果があるということから、若い世代の女性も青汁を利用していると言われています。


青汁で痩せるなら食物繊維が入っているものを

青汁には様々な種類があります。ものによって含まれている栄養分なども違いがあるので、その点をしっかりと比較して選びましょう。また値段も大きく変わるものです。中でもダイエットで効果があると言われることが多いものに、食物繊維があります。食物繊維とは、おなかの掃除をしてくれる役割を持つ栄養分です。食べ物ではキノコやゴボウ、海藻類にこの効果が強いなどと言われているそうです。


空腹や糖分の吸収を抑えてくれる

水に溶ける食物繊維を水溶性食物繊維と呼んでいるのですが、これには、おなかの中をゆっくり通ることから、栄養の吸収をゆっくりにしてくれる効果があると言われているそうです。また、おなかに長くとどまって排泄されるので、空腹感も抑える効果があります。もしも青汁でダイエットを目指すのであれば、ぜひ食物繊維が豊富に含まれているものを探してみてください。

2014
02.13

青汁にはまずい、青臭く苦いので飲みづらいという印象を持っている人も多いかと思いますが、現在では抹茶のような味で非常に美味しいものも増えているそうです。青汁を家族で飲んでいる人も増えてきており、過去の中年やお年寄りが我慢して飲む健康飲料ではなくなってきました。


青汁は熱にも強いビタミン

青汁は熱にも強いため、お湯で割って飲むこともできます。そこで料理にも応用して、抹茶の苦みなどが苦手な子どもに食事で栄養を補うという家庭も多いそうです。中でも人気が高いのは、パスタやグラタンなど、ミルクの風味やチーズの味などでにおいを消す方法です。ミルクや生クリームと混ざることで、まろやかになりますし、色もきれいなヒスイ色になります。


グリーンソースの作り方

ホワイトソースの基本的な作り方に青汁を追加するだけでいいのも、嬉しいポイントです。小麦粉、バター、青汁を溶かしたミルクを準備します。弱火でバターを火にかけ、そこに同量の小麦粉とミルクをいれましょう。焦げないようにしっかりと混ぜながら、少量ずつ混ぜることでダマになることも防ぐことができます。味見して気になるようでしたら、最後に少量の生クリームを加えることで甘みやコクがまして食べやすくなるそうです。このソースでグラタンなどが簡単にできます。

2014
01.29

青汁の量について

青汁は一日の内にどれだけ飲めばいいのでしょうか?また、食が細い方にとっては、コップ一杯の飲み物でも、物によっては、その後の食事に影響が出てしまうことをご心配されるかもしれません。
ここでは「量」についてお話していきます。


青汁の量について

青汁に限らずどんな健康食品に共通することですが、1日に5杯も10杯も飲んだからといってすぐに健康になるわけではありません。まずは1日に1杯でもいいので、毎日飲み続けることが一番大切です。
例えばあなたが何でも解体する、プロの解体屋だとしましょう。
しょっちゅう仕事の依頼が来る「テレビ」の解体は、他のものと比べても特に早く、1日の内に10個くらいは解体出来るとしますし、どの部品をどこにしまえば良いかもすぐに分かります。
しかし、滅多に来ない「パソコン」の解体は、マニュアルを見ながらになるのでとても遅く、1日に4つ解体するのが精一杯で、どこにしまえば良いかもウロ覚えです。
栄養素においても同じです。まずは「あ、この栄養素、良く来るな。これはちゃんと吸収できるぞ」と身体に教え込むことが肝要です。


1杯はどれくらい?

コップ一杯300mlとすると大した量には聞こえませんが、青汁もメーカーによってサラサラしているものとそうでない物があります。
私は普段、牛丼チェーン店に入ると、野菜と牛丼並と味噌汁でお腹がいっぱいになりますが、青汁を飲んだ直後に行くと、牛丼単品でお腹がいっぱいになります。私が飲んでいる青汁はサラサラしているタイプですが、それでも結構お腹には溜まりますので、食が細い方は、青汁を飲んだ時は少し食事量を抑えると良いかもしれませんね。

2014
01.29

青汁はどんな年代の人でも飲めるもので、それが魅力でもあるのですが、栄養をたくさん含んでいるだけに、人によっては飲んではいけない場合もあります。


青汁を飲んじゃいけない人とは?

では、どんな人が青汁を飲んではいけないのかというと、第一に挙げるのは「人工透析を受けている人」です。カリウムやリンなど、人工透析を受けている人にはかえって悪影響が出てしまう可能性がある栄養素も含んでいます。
また、恒常的に飲んでいる薬がある人も、医師や薬剤師に確認してからの方がよろしいでしょう。栄養素自体はあくまで栄養ですが、薬の方は飲み合わせによっては毒にもなりかねない場合があるので、必ず確認してくださいね。


赤ちゃんもNG

青汁は食物繊維が豊富で、だからこそ便秘に悩む方にもオススメなのですが、1歳前後の赤ちゃんの腸は、大人に比べるとまだまだ未成熟です。青汁の豊富な食物繊維がかえって便秘を招く可能性があります。
また、ハチミツ入りの青汁もありますが、ハチミツは1歳未満の赤ちゃんには摂取させてはいけない食材の一つですので、飲ませてはいけません。
逆に言えば、それ以外の人なら誰でも飲めるということでもあります。お年寄りの場合は恒常的に飲むお薬がある方も多いかと思いますが、それでもお医者さんか薬剤師さんに確認すれば大丈夫ですので、幅広く飲めるということには変わりないかと思います。

2014
01.29

今では青汁を電話やネットで注文できるようになっていますが、中には自分で作れたらいいのに・・・という方もきっといらっしゃいますよね。
実は青汁は自分で簡単に作ることが出来るんです!
用意していただくのは、パセリ・しそ・キャベツの青い部分・大根の葉・ブロッコリーやカリフラワーの外葉・小松菜・水菜・よもぎです。


青汁の作り方を教えます!

まずはすりつぶしてミキサーやジューサーを使ってその際はお水を入れ過ぎないようにして下さいね、味が薄まってしまいますので!
最後に搾り取ったら出来上がりです、早めに飲んでいただければ一番良いのですがそれが難しい場合は冷凍して保存することが良いかと思います。
冷蔵庫で保存する場合は、きちんと密閉のできるもので保管すると栄養価がなくならずに保存が出来ます。


飲むだけではなくて食べよう!

青汁はやはりそのまま飲んだり何かに混ぜて飲んだりしている方が多いかと思いますが、実はそれ以外の活用の仕方もあります!
お料理の際に使うということも出来るみたいで、天ぷらやクッキーに使うというレシピもあるみたいです。
これはなんだか意外でしたが探してみればもっとレシピがあるのかもしれませんね!

2014
01.29

現在は青汁の種類も増えてきて選べる楽しさが出てきましたが、逆を言えば選択肢が多くて迷ってしまいますよね。
一番良いのはご自分に合ったものを選ばれることだと思いますので、ぜひご自分が飲みやすいと思ったものを選んで下さいね。
最近では口コミなどもありますので、それを参考にするのでも良いかと思います!


青汁で色々試して楽しむのもアリ!

青汁が苦手な方もそうではない方も、少し工夫をして飲んでみるのはいかがでしょうか?
ちょっとした工夫をすることで大きく変わってきたりしますので、ぜひお試しを!
例えば牛乳とオリゴ糖を混ぜれば抹茶オレ風になりますし、フルーツ酢を使ってヘルシーに摂取をしたりできますので、色々楽しんで発見をしてみましょう!
もしかしたら、お気に入りの味が見つかるかもしれませんよ。


安心してお子さんも飲める!

色々工夫をすることジュース感覚で飲むことも出来ると思いますので、お子さんにも良いかと思います。
楽しくてなおかつ美味しく飲めて体にも良いから一石三鳥みたいとても嬉しいですね。
これでしたら、野菜嫌いのお子さんや大人の方、青汁が苦手な方にも良いと思いますので興味のある方はぜひ試してみてはどうでしょうか?
もちろん、ご年配の方にも健康食品として人気だそうですよ!

2014
01.28

皆さんはまだ青汁が苦く飲みにくいと思っていませんか?
最近の青汁は苦味を軽減されて比較的に飲みやすくなっています。
それなので、お子さんでも飲めるかと思いますので野菜嫌いのお子さんや大人の方には非常にお勧めです。
野菜を食べない代わりに補給してくれるのでとても良いかと思います!


青汁を工夫して飲んでみよう!

そのまま飲むのは苦手だという方には、少し工夫をしてみることをおすすめします。
やはりこれは誰もが思いつくことだとは思いますが、何かに混ぜて摂取するのが良いですね。
牛乳やヨーグルト、豆乳やアイスクリームに混ぜてみるなど工夫をすることで少しずつ変わってくるかと思いますし無理なく摂取できますよね!


健康志向の方にもおすすめ!

野菜嫌いの方に良ければ健康志向の方にもおすすめです。
青汁は健康にとても良いとされていますので、健康を考えている方には非常に良いと思います。
やはり歳を重ねていくにつれて食が細くなってしまったりしますので、そういった方にも良いのではないかと思います。
良薬は口に苦しとは本当によく言ったもの・・・って薬ではなく健康補助食品です!
ここは勘違いをしている方も多いみたいですので、注意していただければと思います!