2014
05.30

青汁は健康に対する効果はともかく、味は非常に飲みにくいものです。とくに青汁の代表格であるケールは健康にはいいものの風味を苦手とする人は多くいます。そのためさまざまな製品が用意されており、選択肢は多く用意されています。


<飲む青汁>

コマーシャルなどで定番の粉末状の青汁を水に溶かして飲むものが代表格ですが、液体のジュースタイプのものもあります。また、ジュースタイプを冷凍した製品もあります。飲むときは解凍してそのまま飲みます。粉末のものは喉越しなどがやや飲みやすくされています。栄養ではどれも大きな差はありません。水で戻すフリーズドライのものもあり、戻すとそのまま飲むことができます。これらはどれも青汁の味がするので、苦手としている人にはつらいものがあります。


<その他のタイプ>

錠剤に固めた製品もあります。独特の味や苦味を感じなくて済むので、味が苦手な人にはこれがおすすめです。ただし、栄養はやや他のものに比べると劣るようです。粉末タイプはそのまま水に溶かして飲む以外にも料理やお菓子につかってり、他の飲み物と混ぜて飲みやすくする飲み方があります。粉末タイプは料理にも応用が効くので使い勝手の良さが好まれて広く飲まれています。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.