2014
01.29

青汁はどんな年代の人でも飲めるもので、それが魅力でもあるのですが、栄養をたくさん含んでいるだけに、人によっては飲んではいけない場合もあります。


青汁を飲んじゃいけない人とは?

では、どんな人が青汁を飲んではいけないのかというと、第一に挙げるのは「人工透析を受けている人」です。カリウムやリンなど、人工透析を受けている人にはかえって悪影響が出てしまう可能性がある栄養素も含んでいます。
また、恒常的に飲んでいる薬がある人も、医師や薬剤師に確認してからの方がよろしいでしょう。栄養素自体はあくまで栄養ですが、薬の方は飲み合わせによっては毒にもなりかねない場合があるので、必ず確認してくださいね。


赤ちゃんもNG

青汁は食物繊維が豊富で、だからこそ便秘に悩む方にもオススメなのですが、1歳前後の赤ちゃんの腸は、大人に比べるとまだまだ未成熟です。青汁の豊富な食物繊維がかえって便秘を招く可能性があります。
また、ハチミツ入りの青汁もありますが、ハチミツは1歳未満の赤ちゃんには摂取させてはいけない食材の一つですので、飲ませてはいけません。
逆に言えば、それ以外の人なら誰でも飲めるということでもあります。お年寄りの場合は恒常的に飲むお薬がある方も多いかと思いますが、それでもお医者さんか薬剤師さんに確認すれば大丈夫ですので、幅広く飲めるということには変わりないかと思います。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.