2014
01.29

青汁の量について

青汁は一日の内にどれだけ飲めばいいのでしょうか?また、食が細い方にとっては、コップ一杯の飲み物でも、物によっては、その後の食事に影響が出てしまうことをご心配されるかもしれません。
ここでは「量」についてお話していきます。


青汁の量について

青汁に限らずどんな健康食品に共通することですが、1日に5杯も10杯も飲んだからといってすぐに健康になるわけではありません。まずは1日に1杯でもいいので、毎日飲み続けることが一番大切です。
例えばあなたが何でも解体する、プロの解体屋だとしましょう。
しょっちゅう仕事の依頼が来る「テレビ」の解体は、他のものと比べても特に早く、1日の内に10個くらいは解体出来るとしますし、どの部品をどこにしまえば良いかもすぐに分かります。
しかし、滅多に来ない「パソコン」の解体は、マニュアルを見ながらになるのでとても遅く、1日に4つ解体するのが精一杯で、どこにしまえば良いかもウロ覚えです。
栄養素においても同じです。まずは「あ、この栄養素、良く来るな。これはちゃんと吸収できるぞ」と身体に教え込むことが肝要です。


1杯はどれくらい?

コップ一杯300mlとすると大した量には聞こえませんが、青汁もメーカーによってサラサラしているものとそうでない物があります。
私は普段、牛丼チェーン店に入ると、野菜と牛丼並と味噌汁でお腹がいっぱいになりますが、青汁を飲んだ直後に行くと、牛丼単品でお腹がいっぱいになります。私が飲んでいる青汁はサラサラしているタイプですが、それでも結構お腹には溜まりますので、食が細い方は、青汁を飲んだ時は少し食事量を抑えると良いかもしれませんね。

2014
01.29

青汁はどんな年代の人でも飲めるもので、それが魅力でもあるのですが、栄養をたくさん含んでいるだけに、人によっては飲んではいけない場合もあります。


青汁を飲んじゃいけない人とは?

では、どんな人が青汁を飲んではいけないのかというと、第一に挙げるのは「人工透析を受けている人」です。カリウムやリンなど、人工透析を受けている人にはかえって悪影響が出てしまう可能性がある栄養素も含んでいます。
また、恒常的に飲んでいる薬がある人も、医師や薬剤師に確認してからの方がよろしいでしょう。栄養素自体はあくまで栄養ですが、薬の方は飲み合わせによっては毒にもなりかねない場合があるので、必ず確認してくださいね。


赤ちゃんもNG

青汁は食物繊維が豊富で、だからこそ便秘に悩む方にもオススメなのですが、1歳前後の赤ちゃんの腸は、大人に比べるとまだまだ未成熟です。青汁の豊富な食物繊維がかえって便秘を招く可能性があります。
また、ハチミツ入りの青汁もありますが、ハチミツは1歳未満の赤ちゃんには摂取させてはいけない食材の一つですので、飲ませてはいけません。
逆に言えば、それ以外の人なら誰でも飲めるということでもあります。お年寄りの場合は恒常的に飲むお薬がある方も多いかと思いますが、それでもお医者さんか薬剤師さんに確認すれば大丈夫ですので、幅広く飲めるということには変わりないかと思います。

2014
01.29

今では青汁を電話やネットで注文できるようになっていますが、中には自分で作れたらいいのに・・・という方もきっといらっしゃいますよね。
実は青汁は自分で簡単に作ることが出来るんです!
用意していただくのは、パセリ・しそ・キャベツの青い部分・大根の葉・ブロッコリーやカリフラワーの外葉・小松菜・水菜・よもぎです。


青汁の作り方を教えます!

まずはすりつぶしてミキサーやジューサーを使ってその際はお水を入れ過ぎないようにして下さいね、味が薄まってしまいますので!
最後に搾り取ったら出来上がりです、早めに飲んでいただければ一番良いのですがそれが難しい場合は冷凍して保存することが良いかと思います。
冷蔵庫で保存する場合は、きちんと密閉のできるもので保管すると栄養価がなくならずに保存が出来ます。


飲むだけではなくて食べよう!

青汁はやはりそのまま飲んだり何かに混ぜて飲んだりしている方が多いかと思いますが、実はそれ以外の活用の仕方もあります!
お料理の際に使うということも出来るみたいで、天ぷらやクッキーに使うというレシピもあるみたいです。
これはなんだか意外でしたが探してみればもっとレシピがあるのかもしれませんね!

2014
01.29

現在は青汁の種類も増えてきて選べる楽しさが出てきましたが、逆を言えば選択肢が多くて迷ってしまいますよね。
一番良いのはご自分に合ったものを選ばれることだと思いますので、ぜひご自分が飲みやすいと思ったものを選んで下さいね。
最近では口コミなどもありますので、それを参考にするのでも良いかと思います!


青汁で色々試して楽しむのもアリ!

青汁が苦手な方もそうではない方も、少し工夫をして飲んでみるのはいかがでしょうか?
ちょっとした工夫をすることで大きく変わってきたりしますので、ぜひお試しを!
例えば牛乳とオリゴ糖を混ぜれば抹茶オレ風になりますし、フルーツ酢を使ってヘルシーに摂取をしたりできますので、色々楽しんで発見をしてみましょう!
もしかしたら、お気に入りの味が見つかるかもしれませんよ。


安心してお子さんも飲める!

色々工夫をすることジュース感覚で飲むことも出来ると思いますので、お子さんにも良いかと思います。
楽しくてなおかつ美味しく飲めて体にも良いから一石三鳥みたいとても嬉しいですね。
これでしたら、野菜嫌いのお子さんや大人の方、青汁が苦手な方にも良いと思いますので興味のある方はぜひ試してみてはどうでしょうか?
もちろん、ご年配の方にも健康食品として人気だそうですよ!

2014
01.28

皆さんはまだ青汁が苦く飲みにくいと思っていませんか?
最近の青汁は苦味を軽減されて比較的に飲みやすくなっています。
それなので、お子さんでも飲めるかと思いますので野菜嫌いのお子さんや大人の方には非常にお勧めです。
野菜を食べない代わりに補給してくれるのでとても良いかと思います!


青汁を工夫して飲んでみよう!

そのまま飲むのは苦手だという方には、少し工夫をしてみることをおすすめします。
やはりこれは誰もが思いつくことだとは思いますが、何かに混ぜて摂取するのが良いですね。
牛乳やヨーグルト、豆乳やアイスクリームに混ぜてみるなど工夫をすることで少しずつ変わってくるかと思いますし無理なく摂取できますよね!


健康志向の方にもおすすめ!

野菜嫌いの方に良ければ健康志向の方にもおすすめです。
青汁は健康にとても良いとされていますので、健康を考えている方には非常に良いと思います。
やはり歳を重ねていくにつれて食が細くなってしまったりしますので、そういった方にも良いのではないかと思います。
良薬は口に苦しとは本当によく言ったもの・・・って薬ではなく健康補助食品です!
ここは勘違いをしている方も多いみたいですので、注意していただければと思います!